キャンプ

あなたへのお勧め
camp

キャンプバーナーの違いは?ガス缶は使用温度で変えることが鉄則!メーカーで比較するキャンプバーナーの選び方

ガスバーナーを使うときには「火器厳禁」などの注意事項が表記されていることがあります。これは「爆発」の危険性が高く事故につながりやすいためです。キャンプ場では付近に燃えやすいものが多いため事故につながりやすいので注意が必要です
Blog

持ち運び便利なハンモック!キャンプで使うなら自立式ハンモック!軽量素材?折りたたみ式?室内やアウトドアで使えるハンモックの選び

ハンモックは「軍用艦船」の寝床として使われていました。船のなかでは船酔いをしたりベッドで仮眠をすることが出来ますが、船の横揺れなどによって安眠することが困難だったため、ハンモックで睡眠をとる際に「揺れ」を改善することができたため現代まで受け継がれたされています
camp

YETI(イエティ)クーラーボックスを選ぶキャンパーが多い理由ってなぜ?みんなが知らないYETIの魅力

YETIの魅力の1つに「断熱材」の厚さが異なります。通常のクーラーボックスでは上記のとうり厚さが3センチ程度になりますが、YETIの商品は厚みが5センチあるため、外気温度をより確実に遮断することができるため食品の鮮度を長持ちさせることができます
あなたへのお勧め
camp

小物がぐちゃぐちゃ。キャンプ用品を整理する収納バッグが快適!ペグやハンマーを小分けできるバッグ特集

コンパクトな食器類ケースは、スマホ用の充電器やライターなど小さなアイテムを入れるときに重宝されます。電気ランタンを使うときの乾電池などは、キャンプ中にどこにあるか見つからなくなるケースがあるため
camp

クーラーボックスが冷えない原因。夏キャンプで飲み物が冷えない原因!保冷と冷却の違いとは?

真空管断熱パネルやアルミケースなどは「外気温」に強く、長時間のアウトドアに最適ですが小さいサイズでも高価なクーラーボックスとして扱われています
camp

新時代ランタン!新デザインと旧型どっちを選ぶ?キャンプに合わせたランタン12選

電池式のランタンには「防災用」としてすぐに使えるメリットがあります。停電や火災などの緊急時にも使用できるほか、メンテナンスが不要なためキャンプ場でも簡易的に使用することができます
camp

キャンプにエプロンが必要なワケ。みんなが知らない?エプロンの大切なこと

キャンプ目的であれば上記の生地のエプロンは機能性が高く、汚れを付着しずらい種類のエプロンがあります。「皮」製品は使用するたびに味がでたり、メンテナンス次第では修正しながら長く使うことができますね。
camp

ワークマンで選ぶキャンプコーデ!厳選!男女別の売れ筋商品は?

関東地方から北は北海道まで全国各地にフランチャイズ展開しており、2020年11月には47都道府県に出店するまでになり、ワークマンを知らない人はいないのではないでしょうか?近年では「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)といったカジュアルファッションにも力を注いでいます
camp

キャンプで大活躍!ザ・ノース・フェイスで魅せる?夏の厳選キャンプギアとNORTH FACEファッション

ザ・ノース・フェイスはアメリカ製ですが、1994年に日本のゴールドウイン社が商標権を買い取りに成功しました。ザ・ノース・フェイスの品質の高さはアメリカと日本の地道な努力によって作られた誇れるブランドの1つなんですね
camp

無印良品で使えるキャンプ用品。どれを選ぶ?実用性とデザインが豊富なキャンプアイテム

シンプルな色を基調とした商品が中心になっているため「遊び心」を使ったコーデをする場合はデメリットと言えるでしょう。またニトリに比べて価格帯も
あなたへのお勧め
タイトルとURLをコピーしました