キャンプにエプロンが必要なワケ。みんなが知らない?エプロンの大切なこと

エプロン camp
あなたへのお勧め

キャンプ中にエプロンをしている人はいますか?もしかするとエプロンをしないいキャンパーの方が多いかもしれませんね。アウトドアをする人にはエプロンの利便性を求めるユーザーもいますが、ポケットの数が増えるだけではありません。料理人は「白のエプロン」。漁師は「防水性のエプロン」をします。

キャンプ以外にもさまざまなシーンで使われているエプロンですが便利性以外にもエプロンは重要視されています。

今回はキャンプをするときのエプロンについて記事にいていきたいと思いますね。





あなたへのお勧め

キャンプの気持ちを上げてくれる「制服」

エプロン
モノトーン男女兼用エプロン

制服といったら「学生」を思い出す人もおおいかもしれません。制服には「スイッチ」の切り替えをしてくれる魔法がかかっています。会社員の「営業」ではスーツといった制服を身にまとうことで仕事を円滑に進めるスイッチが入ります。ネクタイや腕時計といったアイテムもその1つです。

キャンプもエプロンをすることで、アウトドアに身を委ねたスイッチを入れてくれる効果もありますね。




汚れを気にしない環境下での焚き火や料理はより魅力的

ワークエプロン
ワークエプロン

日常の格好では正装や、綺麗な格好をすることが多いですが、アウトドアでは汚れを気にしない服装を求められますね。「釣り」や「登山」でも同じく機能性を重視したウェアを選ぶことがあります。

キャンプでは「焚き火」などで木材を扱うために、斧やナイフを取り扱うことがおおくキャンプに見合ったエプロンがあると作業がはかどりますね。エプロンは汚れを気にしない作業着といった利点もありながらキャンプ中の作業にも貢献してくれるアイテムになります。テントをたてる際にもペグを扱ったり火の粉からカラダを守ってくれる役割もあります。

エプロンがあるだけでキャンプの雰囲気をより一層かき立てることができますね。




エプロンの繊維はに何にこだわる?

エプロンといってもさまざまな種類があります。調理場では汚れが目立たない「白」を基調としていますが、鮮魚売り場ではポリエステルなどが多く、業種によってさまざまですね。キャンプにあったエプロンの素材とはどのような種類があるのでしょうか?

汚れ防止?飛び火の防止?使いようとはそれぞれですが、キャンプに見合ったエプロンの素材について見ていきましょう。

エプロンの生地

  • 牛革
  • 合成皮
  • ポリエステル加工
  • 帆布

キャンプ目的であれば上記の生地のエプロンは機能性が高く、汚れを付着しずらい種類のエプロンがあります。「皮」製品は使用するたびに味がでたり、メンテナンス次第では修正しながら長く使うことができますね。また牛革の場合は「重い」ためキャンプ中に首が凝ったり、肩が痛くなるなどのデメリットもあります。

エプロン選びは「重量」もチェックすることをおすすめします。




キャンプお勧めエプロン7選

税込 Amazon調べ 2580円 ワーキングエプロン 5色あり




税込 Amazon調べ 3960円 本革 無地素材でキャンプに最適





税込 Amazon調べ 5073円 本革 レザーコットン ロング丈





税込 Amazon調べ  2750円 キャンプ中のスマホも収入便利! 




税込 Amazon調べ 2900円 1枚目から無料でプリントをいれられる!北欧エプロン デニム素材





税込 Amazon調べ 1070円 カジュアルキャンプにおすすめ! ナチュラルカラーで人気





税込 Amazon調べ 2750円前掛けエプロンとしてアウトドアで活躍!小さなエプロン探しのあなたに




まとめ

いかがだったでしょうか。今回はキャンプ中のエプロンについて記事にしていきました。キャンンプ中の小物ってどこに行ったか忘れがちになるくらい道具が多いんですよね。キャンプの小道具をポケットにまとめておけるのはキャンパーにとってありがたいものです。

夏はTシャツなどの上からエプロンを着用するなどの季節にかぎらず着回しできるので、これからエプロンをしてキャンプしたい人の参考になればと思います。

ご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました