YETI(イエティ)クーラーボックスを選ぶキャンパーが多い理由ってなぜ?みんなが知らないYETIの魅力

camp
あなたへのお勧め

登山や釣りなどでも活用することができる一般的なクーラーボックスはアウトドアが好きな人なら1つは持っているのではないでしょうか?キャンプの必需品としてもクーラーボックスは必ず必要なギアの1つですね。YETIといえばクーラーボックス専門店として認識されることが多いですが、ファッションブランドとしても人気が高いです。

今回はYETIクーラーボックスをキャンパーなぜ選ぶのか?これについて記事にしていきたいと思いますね。実際に使ってみたり、他社との商品との差も気になる人も多いではないでしょうか。価格もライバル者と比較しても価格が高い理由などもみていきましょう。





あなたへのお勧め

クーラーボックスには破損しやすい欠点がある

YETI

クーラーボックスには欠点が数多く存在します。プラスティック製や合成樹脂などから製品化されているため取手の部分の損傷。開閉時の隙間など破損しやすい部分があります。

一般のクーラーボックスの欠点

  • 凹みやすい
  • ハンドルが欠けやすい
  • 蓋がズレる

クーラーボックスは使用する年数によっては、脆くなりやすく持ち運びの際に壊れてしまうケースがあります。ここで公式のYETIによる見解を見てみましょう。

折れたハンドル、割れた蓋、凹んだコーナー、閉まらなくなった蓋など、使っているとどうしても一般的なクーラーボックスは破損して、みすぼらしくなっていくものです。

アウトドアで活躍する人たちの使い方はどうしてもハードになりがちであり、プロガイドや漁師、猟師になればその多様な使用状況のためなおさらです。

YETI(イエティ)は、そんな人達のために、あらためて生み出された最強の製品であり、ブランドであり、これからもアウトドアズマンたちによりそった製品をつくりだしていく存在です。

また、クーラーで培った技術を元に今ではドリンクウェアなど様々な製品を提案し、進化を続けているブランドです。

YETI公式サイトより


YETIとの価格差は「保冷&強度」になるんですね。海外ではアウトドアで使用するさい熊などによって破壊されるケースが少なくありません。食料を嗅ぎつける野生動物が200Kgの力を加えてもYETI(イエティ)は破損することがありません。



YETIの魅力!断熱材の厚みが違う

断熱材の厚さ
YETI公式サイトから

YETIの魅力の1つに「断熱材」の厚さが異なります。通常のクーラーボックスでは上記のとうり厚さが3センチ程度になりますが、YETIの商品は厚みが5センチあるため、外気温度をより確実に遮断することができるため食品の鮮度を長持ちさせることができます。

素材がポリエチレンやポリウエタンを使用することによって、ハードな使い方をしても耐久できる仕様になっているためハードな環境でも使うことができます。



YETIの使い方にはポイントがある

YETI公式YouTube

クーラーボックスの共通点でもありますが、YETIにも独自の使い方があります。例えば内容物と氷の比率は2対1を推奨しているほか、エアスペース(空きスペース)を少なくすることでYETIの性能を最大限に活かすことができます。

YETIの性能
YETIタンドラ35


一般の保冷とは外気の温度を受けやすくなりますが、YETIの絶縁効果はかなり強く真夏のアウトドアでは他社メーカーにはない信用性があります。




YETIのサイズどのくらい?

YETIの価格帯はサイズによって変わります。そのため登山としてはコンパクトサイズを選んだりファミリーキャンプ等では大きめのサイズを選ぶ必要があります。それぞれYETIで販売されているクーラーボックスのサイズを見ていきましょう。

左上のピンクの場合サイズはローディ24in。上段の真ん中がタンドラ35in。上段の右側タンドラ45inになっています。カラーも3色になっておりソロキャンプ用としてやファミリーキャンプ用として様々な用途で使うことができますね。

下部のハードケースは65inになっていてYETIでは最大の大きさになっています。実際にみるとかなり大きいため3泊4日など長期のキャンプサイズにと考えて良いでしょう。6人から8人でキャンプする時にも便利なサイズになります。

サイズ別参考

  • ローディ24=1人から2人 飲料ボックス入れなどにお勧め
  • タンドラ35=3人から4人 1泊2日のキャンプにオススメ
  • タンドラ45=4人から5人 ファミリーキャンプにおすすめ
  • タンドラ65=5人から8人 2泊3日アウトドアに便利

クーラーボックスは空き容量部分に「隙間」があると保冷効果も低くなるため、利便性も悪くなります。そのため真夏のアウトドアでは38°以上の外気温ではきちんとした対策もするようにしましょう。



YETIを価格で選んでみる

YETIのクーラーボックスの最安値はローディ24になっていて価格は税抜き35200円になっています。一般のクーラーボックスと比べると割高ですが「一生モノ」と考えるとコスパは良いかなと個人的には感じます。

税込 Amazon調べ  33480円 ローディ24 ソロキャンプに最適サイズ





税込 Amazon調べ 45980円 タンドラ35 持ち運び便利サイズ 人気サイズ




税込 Amazon調べ 52800円 タンドラ45 1000円クーポンオフ付き




税込 Amazon調べ 55460円 タンドラ45 5色から選べる





税込 Amazon調べ 8481円 YETIガロンバケツ  ビールやスイカも冷やせる! アウトドアで必需品





1万円以下で買えるYETI(イエティ)

YETI(イエティ)ブランドが欲しいけど高いから手が出せないと思っている人も多いのはないでしょうか?ビールの保冷やコーヒーの保温など簡易的にアウトドアで使える1万以下の商品もあります。

アウトドア入門者やソロキャンプなどでも使うことができるのでYETIの保冷力を試してみたい人はチェックしてみる価値ありです。

税込 Amazon調べ 4780円 YETI クーラーズ ランブラー 缶ビールや缶ジュース用



税込 Amazon調べ 4367円 YETI アウトドアに最適 保冷コップ 保温コップ





まとめ

いかがだったでしょうか。今回はYETIについて記事にしていきました。キャンプが好きな人は1度は使ってみたいYETI商品。20年アウトドアを趣味にしたい人はメンテナンスを行えば長く使うことが出来ます。安価なクーラーボックスを3年に1回買い替えることを考えると、YETIのがコスパが良いかも知れません。

キャンプ好きな人に少しでも参考になれば幸いです。

真夏のキャンプはもうすぐですが、海や山でキャンプしながらキンキンのビールを飲みながらキャンプの醍醐味を皆さんで楽しみましょう。

御愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました