ポータブルバッテリーの選び方間違ってませんか?アウトドアの必須アイテム!粗悪品や火災の原因!キャンプで選ぶバッテリーの選び方

ポータブルバッテリー camp
あなたへのお勧め





キャンプに欠かせないポータブルバッテリーですがアウトドア用途でも選び方が違ってきます。近年ではホワイトガソリンランタンより、LEDランタンなどの需要が高くスマホの充電な度にも使うことがあります。冬になると電気毛布やコタツなどの消耗電力などを把握しないでポータブルバッテリーを選んでしまうキャンパーがおおいため後悔しないために抑えておくポイントを記事にいたします。

あなたへのお勧め

車載バッテリーを使ってる?アイドリングを長時間やってはいけない理由

スマホの充電や持ち運びできる小型のポータブル充電では車のアイドリングを使って充電することがあります。しかし車の長時間のアイドリングにはバッテリーが上がるってしまうリスク以外にも、劣化の原因になります。

エアコンやオーディオ関係をかけたままエンジンもかけっぱなしという状態だと、自動車自身が充電してできた電気(オルタネーターという部品が、エンジンが回転中に発電してくれます。) で賄い切れないので、バッテリーからも電気を使う必要が出てくるとバッテリー上がりの症状が出ます

輸入車ドットコム
オルタネーター
車載に搭載されているオルタネーター

オルタネーターは車載に搭載されていて「発電機」の役割をしています。オルタネーターの寿命は10万キロとされていますが、アイドリングのかけっぱなしなどによって劣化を早める原因になります。


夏のポータブルバッテリーの容量を把握しておく

ポータブルバッテリーを購入する前には「容量」を必ず確認することで失敗することを防ぐことができます。春夏秋冬によってキャンプアイテムが違うため、夏と冬のみにしぼっておくと車中泊やキャンプ場などで使うイメージがわきやすいですね。

冬のポータブルバッテリーの使用容量

  • 電気毛布(消費電力30W)を8時間=240Kh
  • サキュレーター(消費電力20Kh)8時間=16Wh
  • LEDライト(消費電力10Kh)8時間=80Kh
  • パソコン(消費電力30Kh)3時間=90Kh
  • スマホの充電(消費電力10Kh)3時間・2台分=60Kh

上記のようにスマホ2台分の3時間充電のみでも消費電力が90Khとそのほかの家電の消費の高さがわかります。ポータブル充電器の容量を間違えてしまうと後悔してしまう結果になりかねません。

冬であれば500Kh以上のポータブル容量があれば問題なく使用することができますね。夏の場合であれば、電気毛布やコタツなどの消費家電がないため余裕をもっても350Khあれば問題ありませんね。



ポータブルバッテリーは使用温度が-10度や40度以上になると破損する恐れがある

バッテリー火災
楽天ショッピングによる注意事項

ポータブルバッテリーには安価なものもあり、使用環境によっては爆発や火災の原因などが報告されています。安価なモノには粗悪品が含まれている可能性があるため、使用できる環境温度を調べる必要があります。


夏は車中の温度があがり、放置しておくには危険があるため太陽の熱や外気温などに注意が必要です。また冬になると氷点下になると使用できないポータブルバッテリーがあるため失敗しないように注意しましょう。

ポータブルバッテリーの選び方

  • 大手メーカーなど信用できるメーカーを選ぶ
  • 安価な粗悪品や保証期間がないものは避ける
  • 使用温度は最低でも-10度から40度以上のものを選ぶ

ポータブルバッテリーを選ぶさいには、キャンピングカーなどに積載されている専用のポータブルバッテリーを選び、保証期間の長さなども参考にすると良いですね。


車中泊をメインにアウトドアをする人は「車中泊専門店」で備品を揃えることができます。専門店は大型のキャンピングカーからファミリーカーや軽自動車まであらゆる車中泊グッズがあり、釣りをする人や旅行者に人気です。

旅行費用を安く済ませたい人はチェックしてみる価値ありです。




夏や冬も対応可!年中使えるポータブルバッテリー

税込 Amazon調べ 139800円  大容量1002Kh PSE認証済 キャンピングカーにおすすめ

アメ車やキャンピングカーなどを目的としたポータブルバッテリーには1000Khの容量が必要になります。湯沸かしポッドやIHコンロといった大容量を使用するため、ファミリー向けのバッテリーは在宅勤務やパソコンなども同時に使えるためストレスなく使用できるほか、自宅での停電時にも対応してくれます。




税込 Amazon調べ 79800円 大容量708Kh キャンプや釣りに最適! コタツや電気毛布8時間使える ファミリー向け





税込 Amazon調べ 40480円  シガーソケット対応 311Kh  蓄電ソーラー





まとめ

いかがだったでしょうか?今回はポータブルバッテリーの選び方について記事にしてみました。キャンパーなら1度はポータブルを必要とした人も多いのはないでしょうか?キャンプ中の電源はスマホ以外でも必要になってしまいますよね。電気があるだけで快適になるキャンプですがポータブル電源選びは高額な上に粗悪品もおおく存在します。ポータブル電源選びは失敗しないためにも容量や環境温度などをチェックすることが大切になります。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

ご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました