大型犬とキャンプ。犬と一緒に焚き火が出来るキャンプ場

キャンプ camp
あなたへのお勧め

愛犬家の皆さんは犬と一緒にアウトドアにお出かけする機会はありますか。犬も家での生活だけでは運動不足になりがちになってしまいます。わんこを飼っている人は一緒にアウトドアをしながら、四季を楽しみたいですね。今回はわんこと一緒にキャンプができる関東の茨城のキャンプ場をご紹介します。

 

あなたへのお勧め

わんこがいても無料のキャンプ場

大型犬

キャンプ場と行ってもわんこ同伴のキャンプ場は少ないのが現状です。わんこの同伴が認められていても代金が高額になってしまう時があります。そんな時に無料でわんこと一緒にキャンプができるのここ!茨城県にあるキャンプ場です。

キャンプ以外にも、バーベキューをしたり多目的広場としても利用できるため様々な楽しみ方ができるので是非足を運んでみてください。

小貝川リバーサイド

公式サイト:https://www.city.toride.ibaraki.jp/mizutomidori/shisetsu/005.html

わんこがいても焚き火ができる

小貝川リバーサイドではわんこがいても焚き火ができます。キャンプ場の区画をないため、他人との距離を気にする必要もありません。夏にはバーベキューとして使用されますが、秋になるとキャンパーしか集まらないため、焚き火をする人も少なく、わんこ連れには便利な場所になります。

犬の散歩もできるキャンプ場

【秋キャンプ】焚き火しながらキャンプ飯🏕

人間は1000円!犬は無料のキャンプ場!!1000円ポッキリでキャンプができる場所

焚き火で出たゴミや空き缶などのゴミも廃棄してくれる北関東の穴場のキャンプ場があります。車の乗り入れも可能なため、道具の持ち運びに苦労することがなく、川沿いでレジャー(有料)を楽しむことも出来ます。

わんことアウトドアで必須なグッズ

わんこと旅をする人にとっては車内に対するエチケットが必要になります。抜け毛やヨダレなど、車を大切にする人にとっては大切にしたところです。そこで抜け毛などを最小限にするアイテムをご紹介していきます。

 

税込 Amazon調べ 4045円 Lサイズ ソフトゲージ

アイリスオーヤマで発売されているソフトゲージは中型犬から大型犬までのサイズのわんこに最適です。40kgのゴールデンレトリーバーで少し狭いかなと感じる程度になります。短距離の移動であれば問題なく移動できると思います。

またソフトケースなので、使用後は折り畳むことができるので持ち運びに最適です。高級車や車のシートがレザーの車に乗せる際に役立ちます。

車に乗せる前にすること

わんこを車に乗せるときは抜け毛を最小限に抑える必要があります。わんこの抜け毛はデメリットも多く、中古車としても価格が下がりやすくなります。車に乗せる際には抜け毛っを減らすように、ブラシをして成長が終わっている抜け毛を除去するようにしましょう。

税込 Amazon調べ 1199円

わんこと焚き火するときに注意すること

灯油ストーブや焚き火するときの「火気」は十分な注意が必要です。犬は軟毛で覆われているため、小さな飛び火ですぐに燃えてしまい火傷しやすい動物です。焚き火は燃えかすが空中を舞うため近くで焚き火は安全の確保をしなくてはいけません。

キャンプにわんこを連れて行く場合折り畳み式の簡易ゲージやストーブを避ける柵を準備しましょう。

税込 アイリスオーヤマ 4980円 ストーブガード

まとめ

わんことキャンプは楽しみがたくさんありますが、ペットは子供と同様に「安全」を確保しながら楽しみましょう。北関東の茨城県でキャンプができる風景はこんな感じになっています。都内からも1時間以内で行けるため、近郊の人はぜひお立ち寄りよりくださいませ。

TCテンマクを購入!ワンポール便利だわー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました