春キャンに必須と衣替え!今から始めるおすすめギア 春キャンの良いとこ

春キャンプ Blog
あなたへのお勧め

気温も暖かくなり、キャンプには最適のシーズンになってきましたね。春になると防寒対策も不要になるため、キャンプ用品を買い替えするには丁度良い季節になります。

古くなったテントやタープ、調理器具などは2月から5月にかけてメーカーから「新商品」の発売されることも多く、キャンペーンやセール対象になりやすいためこの期間に狙ってみましょう。

あなたへのお勧め

春はSALE品になる場合が多い

春になると商品の入れ替えをする店舗があります。そのためキャンプ用品は、型落ちやセール品が狙い目になります。

SALE品になりやすい商品

  • テント
  • タープ
  • シュラフ
  • クーラーボックス

SALE用品になりやすいものは「メイン商品」の値下げがオススメです。キャンプをするときになる「必須アイテム」です。

初心者やキャンプをしたことがある人は必ず所有しているギアです。逆にトングやシェラカップなどの値引きは少なくにり、福袋などとしてセットで販売されます。

春に冬用のキャンプ用品を狙うメリット

春キャンプをはじめる人の多くは、夏に向けたキャンプ用品を選ぶことがあります。そのため夏用のシュラフや虫除け対策など涼しくなるキャンプギアが店舗の商品棚に並ぶため、値下がりが難しくなります。

これから「一年中」キャンプをする予定の人は、灯油ストーブや冬用のシュラフなどを準備しておくと30%前後で安く購入することができます。

春キャンプで選ぶキャンプコーデはオーバーオール系

冬から春にかけてはGWシーズンもあるため、服装も大きくかわってきます。

長袖を着ていた寒い季節とはことなり、春になると半袖になるケースもあります。

そのためキャンプコーデは、半袖と長袖を自由に着こなすことができる「オーバーオール」など一つあると便利です。

税込 Amazon調べ 24200円 ノースフェイス ビッグシルエット

税込 Amazon調べ 13970円 パタゴニア クルーフリース 12色

税込 Amazon調べ 7089円 ディッキーズ オーバーオール デニム

春キャンプのメリットは「虫」がいない

春のキャンプでは気温も最適な季節です。日中は暖かくなり、夜は冷えこみますが虫除け対策をする必要がありません。6月になると「蚊」が大量に発生するため、あまりオススメしません。

これから春キャンプをする人は「虫」がいない3月から5月下旬にチャレンジすると良いでしょう。

買い替えたい!春に選ぶオリジナルブランド!消耗品は買い替えどき

アウトドア用品は「外」で楽しむことを前提としているため、キャンプ用品では汚れやキズなどが絶えませんね。特に荷物を移動させてくれるカートは、布の部分に穴が飽きがちです。

消耗品になりやすいカートは劣化しやすい傾向があります。

劣化しやすい理由

  • 100キロの荷物を入れる
  • 鋭利なものもあるため布が破れやすい
  • 泥が入りタイヤが回転しなくなる

これらのようなアクシデントは日常にあるため、アウトドアの醍醐味と言えます。オリジナルブランドは1つ1つの利便性も追求しているためキャンプ好きにはおすすめです。特大のタイヤサイズ20センチのため泥沼や山道でも簡単に引っぱることができます。

迷ったらこれ!オリジナルで揃える

通年キャンパーの「こだわり」の1つに、「他人とかぶりたくない」という人も多いのはないでしょううか?ソロキャンプや家族で行うキャンプ場では、さまざまんキャンパーがいますがテントや焚き火台などのギアは他人と同じ製品になってしまうことが多くいため、オリジナル商品にしてみることもキャンプの楽しみ方になりますね。

瀬戸内発、鉄工所が運営するガレージブランド THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)は無骨ギアが好きなソロキャンプを楽しむ人や斬新なデザインが好きな人にとっては相性抜群でしょう。

瀬戸内発、鉄工所が運営するガレージブランド THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)略してTIFGです。 「あたらしい焚き火のかたち」を追及し、他とは形・デザイン、一味違った焚き火ギアを発売しています。 頑丈だったり、ホーロー加工していたりと長く使えるギアが多く愛着を持ってお使いいただけます。 「Makuake」で次々新製品を発表し目標達成率は全て1000%超え! 焚き火台カテゴリでは支援者数・支援金額とも1位になった製品「タキビイタ」も。 (支援者数1867人、支援金額13,525,340円)

THE IRON GEAR

キャンプギアは、自身で製作することもできます。DIYや自作のキャンプ用品も楽しめることがキャンプの魅力の1つですね。ポリタンクや薪おき台などシンプルなものなどはスプレーするだけで簡易的に作ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は春キャンプに揃えたい物を記事にしてみました、冬の寒さがなくなりキャンプする回数もふえてくる時期ですね。

コロナ禍で屋内の休日を過ごしている人にもキャンプの素晴らしさを伝えていきたいです。キャンプ好きの皆さまで春キャンも楽しみましょう。

ご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました