乗用車でやコンパクトカーで使える車中泊ベッド!キャンピングカー要らずの初心者キャンプ

車中泊 camp
あなたへのお勧め

キャンプといえばキャンプやSUVといった大型車が定番ですが、乗用車でも車中泊をすることは可能です。乗用車しかないために、キャンプ車中泊してみたい!そんな願いを叶えるために、乗用車での車中キャンプを記事にしていきたいと思います。真夏のキャンプは「虫」や湿度など不眠につながる時期ですね。今回はキャンピングカーを保有していなくてめ車中泊するアイテムをご紹介していきます。

あなたへのお勧め

乗用車はフラットシートにならない

乗用車の1番の問題点は「フラットシート」にならない事です。睡眠時では人は直立不動になりますが、乗用車では難しいのが現状です。

安眠することが難しいですが、体質や好みによっても変わってきます。また夏などの高温多湿に伴う愛には車内の温度調整が必要になってきます。

乗用車でも空調管理をすることによって安眠につながるので最低限のマナーを守って車中泊しましょう。キャンプ施設やパーキングエリアによっては、冷暖房のためのエンジンのつけっぱなしなどは禁止事項にあたるため「罰金」などの違反行為に当たる可能性があります。

エンジンをかけたまま車中泊をすると、エンジンの排気ガスが車内に入り込み、一酸化炭素中毒に陥る可能性が高くなります。そうなると生死に関わりますので、車中泊をする際には絶対にエンジンを切ってください。上記の理由に加えて、夜間にエンジンをかけたままにしておくことは、騒音や環境汚染の点からも有害です。場所によっては周りの人々に迷惑をかけることとなりますので、注意しましょう。

カーナリズム

プリウスaは後部座席で寝れる

乗用車の代表として名高いのがTOYOTAのプリウスです、後部座席をほぼフラットにする事が可能で180センチ未満なら足を伸ばして就寝することができます。

■プリウスのボディ寸法

全長:4,540mm

全幅:1,760mm

全高:1,470mm

ホイールベース:2,700mm

car-me

プリウスはコンパクトでありながら全長のサイズが4.5メートルあります。実際に後部座席をフラットにして寝袋を引いても「足を伸ばす」ことができました。近年では軽キャンピングカーがトレンドになっていますが、プロウスなどの乗用車でも車中泊することができます。

授業中に寝た経験がある人は乗用車でも安眠できる

神経質な人は、雑音や体勢によって睡眠に入ることが難しくなります。誰しもが経験ある「学校での居眠り」では満腹時や教論の話し方など心地良さなどから居眠りしてしまいます。

授業中に寝た経験がある人にとっては、乗用車でも安眠できる可能性が高いと言えます。

乗用車での寝具はどうする?

乗用車では、毛布や掛け布団が一般的です。冬になればシートヒーターなどの暖房器具を必須としますが、真夏であればシーツ等で補うことができます。真夏の車中泊は「寝汗」などで熟睡することがあります。そのためシーツを保護するアセとりパットや防水カバーなどで対策しましょう。

乗用車で車中泊を満喫するコツ

乗用車で車中泊をするときにはさまざまな要因が重なるため、人それぞれと言えるでしょう。しかし、アイテムや環境対策などを行えば安眠することもできます。

乗用車での安眠は寝返りしたさいの、心地よさ。通常の寝返りでは熟睡時には目を覚ましませんが、レム睡眠などの質が浅い眠りに関しては、ストレスに感じることがあります。

充分な睡眠は以下のようになります。

  • 適度のアルコール
  • 寝袋などの質
  • シートの角度

これらのように乗用車でも、上記のような条件が整えば安眠することができます。最低でも夏や冬などに適した「寝袋」などは用意しましょう。

外車のシートは倒れない

外車のキャンピングカー

外車に乗っている人あるあるですが、輸入車はシートを完全倒す事ができません。そのため、仮眠程度の車中泊なら便利ですが、安眠は難しくなります。

しかし輸入車の場合は、車内の広さがあるため国産車と比べると「ゆったり感」を味わう事ができます。

まとめ

乗用車で車中泊するのは不可能ではありません。しかしデメリットを知った上でチャレンジしてみるのが良いでしょう。

最低限に夏用の寝袋や冬服の寝袋は保有してあれば乗用車での車中泊も可能になります。

乗用車でキャンプや車中泊をしたいと人のために参考になれば幸いです。

ご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました