マイナス6度でキャンプ!LOGOSのシュラフと他者メーカー比較

camp
あなたへのお勧め

2021年1月1日に極寒キャンプに挑戦してきました。LOGOSのシュラフは価格が安く、初心者でも気軽に手が出せる商品が多いのが魅力。

マイナス6度のキャンプでLOGOSのシュラフを使用して比較して行きたいと思います。

この記事の内容

おすすめしないロゴスのシュラフ

これから冬キャンプをはじめたい人におすすめシュラフ

極寒の中でおすすめするシュラフ

茨城のキャンプ場
あなたへのお勧め

マイナス6度のキャンプではかなりきつい!極寒で準備するもの

寝袋

マイナス6度のキャンプを体験してきました。北関東では1月、2月の冬になるとテント内にある飲み物が凍って、結露だらけになってしまいます。

対策をしないで軽いノリで冬キャンプをすると、寒さで熟睡することが出来ず、下準備することが冬キャンプでは大切になります。

コットや断熱シートは必需品

断熱シート

地面からの冷気はかなり冷たく、体温を奪います。マイナスの気温になると手足の自由がなくなってしまいます。テント内にはシートを使い、コットを使用して地面から「高さ」を作る事で冷気を防ぐことをおすすめします。

断熱材は冷気を遮断してくれるほか、テント内でも温度を保ってくれます。冬キャンプをするさいは必ず準備しておきましょう!

外気温とテント内の温度差がある

テントの隙間

冬キャンプをしたとき、テント内との温度差5〜10℃くらいになります。隙間風が入ってしまうテントは、安眠することが出来ません。

ペグや石などで、テントに入る隙間風を防ぐ設営をしましょう。

LOGOSの極寒シュラフ!初心者にお勧めする理

LOGOSのシュラフはマイナス5度にまで対応しコスパが良いのが魅力です。初心者でも気軽に購入することができ、丸洗いができるのでメンテナンスが楽な所が魅力です。

スランバーシュラフは8000円程度でマイナス2℃まで対応することができます。

ナンガのシュラフが最強

ナンガのシュラフは極寒地域での寝袋として知名度が高く、東北地方や北海道の山岳地帯でも力を発揮します。ナンガは羽毛にこだわり独自のブランドを築き上げたシュラフメーカーです。羽毛量を自分にあった極寒地区で使用するために完全オーダーすることができます。

公式サイト https://nanga.jp/

コスパで選ぶ冬用シュラフ

初心者にお勧めしたいのがデザインよりもコスパで選ぶシュラフです。0度以下でも問題なく使用できる冬用シュラフは、高値の商品が多いですが、デザイン性を重視しなければ低価格での購入することができます。

防災グッズとして発売されたシュラフはマイナス15°にも対応することができます。緊急用としても使えるため一家に1つは所持している家族も多いのが特徴です。また初心者から始める冬キャンプとしても人気が高いです。

税込 4380円

コメント

タイトルとURLをコピーしました