ガスストーブと石油ストーブどっち選ぶ?灯油とポータブルガス缶の時間稼働率の違い!暖かいのはアラジン石油ストーブです。

アラジンストーブ camp
あなたへのお勧め

アラジンストーブ選びにガスと石油ストーブ、どちらを選ぼうか悩んでいる人も多いのはないでしょうか?石油ストーブに保温機能が高く「大型」の商品が多いのが特徴です。ガスストーブの場合は「コンパクト」になっているため、持ち運びが便利な面もありますが、ストーブの燃焼稼働率が少ないデメリットもあります。今回はアラジンの「ガスストーブと石油ストーブ」について記事にしていきたいと思います。

あなたへのお勧め

アラジンポータブルストーブのメリット

アラジンのガスストーブはかなりコンパクトに設計されています。

縦横約37.5cm 高さ約45.5cm

女性の人でも持ち運びができるサイズに設計できており、横のサイズが37センチ高さが45センチになっているため「小型犬」くらいの大きさです。ソロキャンプや積載量の小さい車でも持ち運びができるため、遠出のキャンプや秋に人気商品になっています。

税込 Amazon調べ 37400円 アラジン ポータブルガスストーブ

灯油の買い出しが必要ない

ガスストーブの場合は、灯油を必要としないためポリタンクの持ち運びも必要としません。荷物を減らすことができ、ガス缶1本で「暖」をとることができます。コンパクト重視のキャンパーには最適です。

ガスストーブの利便性

  • コンビニで購入できる
  • 予備缶があれば、真冬もキャンンプできる
  • 100円ショップでも購入できる

灯油は「夜間」に購入することができないため、ポータブルストーブはコンビニや100円ショップでガス缶を購入することができるため利便性も高くなります。

アラジンストーブのデザイン性とカラーが豊富

アラジンストーブ(ガス)はデザイン性とカラーが豊富なため「レトロ感」を重視したインテリアキャンプを行うこともできます。近年では「写真や動画」などの撮影用としてもワンポイントとして、キャンプ場で使うことで「映え」ることができます。

アラジンガスストーブの燃費費は悪い

アラジンストーブ
アラジンストーブ

石油ストーブと違って、ガスストーブは燃費が悪いデメリットがあります。アラジンのポータブルストーブは1時間あたり、190円のガス料金がかかるとされています。

1時間あたりの燃料費は約190円。 ガスボンベ1本の燃焼時間は約1時間40分~4時間20分ほどになります。 アラジンブルーフレームと言えば、レトロかつ洗練された佇まいと青く美しい炎が魅力的です。

アラジン公式

石油ストーブに比べて「燃費」が悪いのが特徴ですが、ガスと石油ストーブにはそれぞれメリットとデメリットがあります。サイズで選んだり、デザイン製で選ぶことによって用途も変わってくるためストーブ選びは入念に検討しましょう。

アラジン石油ストーブ!連続で使用できる時間は?

アラジンストーブの満量での使用時間は以下のように記されています。テント内での使用や賃貸マンションでの使用できる「目安」として参考にしましょう。コンクリートなどの密度の高い住居では保温性が高く、真冬でも暖かく感じることができます。

タンクの容量は4.1リットル。 灯油満量で15時間連続して燃焼します。 木造戸建住宅は7畳、コンクリート住宅は10畳の部屋で使うのが適切です。 お買い上げから1年間は無料で修理が受けられます。

アラジン公式

アラジン石油ストーブは家でも使える

アラジンの石油ストーブは年に1回メンテナンスを行っておけば、長年使うことができます。和風のインテリアとしての相性も良く、洋風のインテリアとして使うこともできます。車の積載量が大きい場合や「灯油」の買い足しに面倒を感じない人は、石油ストーブがお勧めです。

アラジン石油ストーブを選ぶ理由

  • キャンプ場&部屋で使える
  • 置くだけで部屋がお洒落になる
  • ガス缶よりコスパが良い(6時間稼働)

おすすめのアラジンストーブ

税込 Amazon調べ 65780円 楽天1位 ブラック 国産 アラジンストーブ

税込 Amazon調べ 54780円 2021年製 最新作 アラジンストーブ 

アラジン専用メンテナンスアイテム

税込 Amazon調べ 6050円 アラジンストーブ専用ポンプ

税込 Amazon調べ 2970円 お洒落 灯油タンク 18ℓ

税込 Amazon調べ 3388円 替え芯 アラジンストーブ用

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「アラジンストーブ」について記事にしていきました。アラジンにはガスストーブと石油ストーブの2種類が販売されていますが、ソロキャンやファミリーキャンプなどの使い用途によって、分けて使うのがお勧めですね。燃料の消費量などの価格も変わってきますが、石油ストーブも5年から10年によって使い続ければコスパは良さそうです。

冬キャンプに向けて参考にしていただけたら幸いです。ご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました